実際やっぱり歯医者の麻酔って痛いの?

結論から言うと、多少は痛いです。しかし、最初のひと刺しだけがチクっと痛むぐらいです。痛いのは子供でも大人でも嫌なものです。恥ずかしながら私本人も、歯の治療で何度も麻酔をされた経験があります。

麻酔の時に先生の手が震えるのが怖い!という方も多いですが、昔の電動式ではない注射器は握力を最大限に使って強く握りしめないと液体が注入されないこともあったからです。決して患者さんを怖がらせているわけではありません。

現代の歯科麻酔はかなり改良され、電気の力でゆっくりと確実に麻酔の液体を注入できるので、先生の手が震えることもなく、痛みが少ないことが多いです。また体温(口腔内の温度)と麻酔液(室温)の温度差があれば痛みやすいので、寒い時期には麻酔液をある程度温めてから使用することで、痛みを感じにくくなります。

さらに粘膜から吸収されやすい表面麻酔というジェルを塗布してから部分麻酔を施せば、さらに痛みは感じにくくなります。肌用の某かゆみ止めクリームにもリドカインという表面麻酔としての麻酔成分が入っています。かゆみ止め成分としての使用はどうなんでしょうね。それもアリなのでしょう。

体質や歯の神経や歯ぐきの炎症の程度によって、効き目が変化します。また、痛みを感じやすい体質、感じにくい体質の差もあり、実際には治療の現場で、患者さんとの対話で麻酔の有無や量を判断するしかありません。

また、子供さんにどうしても麻酔をしなければならない場合。注射という言葉や麻酔器を一見するだけで恐怖心が先に出てきてしまい、泣きじゃくって当日は何にもできずに帰宅してもらった…などという苦い経験は、歯科医師なら誰しもが経験したことがあるものです。実際には痛むとかよりも先に、あまりにも怖がって精神的にやられてしまっている(特に子供さん)が多いように思います。

グラグラの乳歯を麻酔なしで一瞬で抜くことも時々あります。そのほうが麻酔をせず、子供さんの気持ちも楽なことが多いのです。「夏休みだからプールに遊びに行ってきた?」「宿題は終わった?」などと聞きながら、一瞬で抜いたほうが恐怖心も痛みもないのです。一瞬で抜ける歯かどうかの見極めは、難しいです。私たち中川歯科の先生たちにお任せください。

一瞬の痛みを頑張れば、その後は楽です。

勇気を出して、さあ、頑張りましょう!

Follow me!

Sponsored Link

関連記事一覧

error: Content is protected !!