難しいコニファーの剪定(頭下げ)

我が家のスカイロケットは伸びすぎて、先月の台風で倒れそうになっていました。3連のうち倒れそうになっていた真ん中のを、剪定士さんに無料でひとまず短くしてもらいました。応急措置でした。私が留守中にやっていただきましたが、あとはご自分で…ということでしょうか。長さが全然違う3連のスカロケ。本日、ようやく時間ができたので、高さを揃えてみました。

コニファーは金属製の剪定バサミではカット面が茶色くなる、とのことで躊躇していました。セラミック製の剪定バサミを買うほどの気力もなく。。。しかし例え茶色くなったとしても、いいみたいですね。コニファーは枝元でカットする剪定方法なので。あ、そうか。剪定士さんが「あまり気にしなくて良いですよ。」とおっしゃっていたことはそういうことか。茶色くなったところで目立たないし、気にならない程度なのでしょう。オリーブの剪定は枝先ではなく枝元でカットして透いていかないと、枝先に実るオリーブの実ができない。コニファーの剪定も、オリーブの剪定方法と似ていました。

真夏の作業はしんどいので、本日はここまで。涼しい季節になって来たら、もう少し透かさないとダメですね。

Follow me!

Sponsored Link

関連記事一覧

error: Content is protected !!