私は自身の口腔内にインプラントが存在する歯科医師です

カミングアウトしますが、私は当院では自分の口腔内にインプラントが入っている唯一のドクターです。昔から虫歯が多く、歯科医院には良く通いました。高校を卒業するまでは、まさか自分が歯科医師になるなどとは思っていなかったです。虫歯治療や根管治療(神経の治療)、抜歯にインプラント。ほぼ全ての治療を受けてきた経験があります。患者さんの痛みや悩みの理解できる歯科医師はむしろ有利と考え、これまで経験してきた強みを生かして日々の診療を頑張っています。

ということで、私の右下の奥歯はインプラント+セラミック歯です。インプラントは天然の歯に代わるものとしては最高のものと言われます。天然歯と比較すると、インプラントは食物を粉砕しすぎる。あるいは、噛めていないはずなのに噛めている。という漠然とした意見を聞かれたことがあると思います。

天然歯の歯根の周囲には歯根膜と呼ばれるサスペンションのような働きの組織があり、噛むと天然歯は僅かに沈み込みます。歯根膜は噛む感覚を受容していると考えられます。その歯根膜がないインプラントは噛みごこちという点では天然歯には劣ると感じます。結果として〝噛めていないはずなのに噛めている〟という、よく分からない表現になってしまうのでしょう。神経を取り去った歯(=失活歯)と言えども、やはり天然歯は大切に維持していくべきものだと日々感じています。我々はインプラント治療以前に、患者さまの天然歯を継続できるように治療をする毎日であります。

以下のように、差し歯もインプラントもない状態がやっぱり最高の財産です。

 

Follow me!


関連記事


オーラルケア用品 人気ランキング ( 2017/09/28 更新 )


おすすめ記事