ホワイトニングとは(2)

一般的な歯の漂白=ホワイトニング。それ以外に歯を白くする治療法をご紹介します。

歯科業界ではウォーキングブリーチや、インターナルブリーチと呼びます。これは歯の中に漂白剤を入れ、内側から白くする方法です。神経の存在する歯には不可能です。虫歯や外傷などで神経を除去した歯は、次第に変色して黒ずんできます(個人差があります)。無髄歯(=神経を除去した歯)であってもご自身の歯の部分が多く存在する時にはこの方法が適していると思われます。しかし無髄歯は変色と同時に脆くなっていくという構造的強度に不安が残りますし、漂白剤はガスを発生させますので、さらに脆くなるのではないかと懸念されます。漂白の効果が薄れると、歯の変色もまた(後戻り)してきます。将来はセラミックなどで被せてしまいたいがそれまでのつなぎ、と解釈していただくのが幸いだと思います。

 

術前)上前歯の1歯だけが無髄歯で変色。ご自身の歯の部分が多く残存した歯。

 

術後)ウォーキングブリーチ法で、数回の漂白をしたもの。

 

 

明らかに漂白の効果は出ていると思われますが、術前・術後の写真は本来は同じカメラの同じ設定で撮影をしたものしか比較の対象にはなりません。残念ながら今回は術前と術後とは違うカメラで撮影しています。ご了承ください。

 

ご相談はホワイトエッセンス姫路大津店へ(オアシス歯科医院3階)

Follow me!


関連記事


オーラルケア用品 人気ランキング ( 2017/09/28 更新 )


おすすめ記事